■プロフィール

大信建設興業

Author:大信建設興業
ようこそおいでくださいました。
ここでは私木本が当社のことや
建築にまつわるさまざまな話を
していきたいと考えております。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
03、室内環境を考える
一般に、健康に気を使っている人は、自分の体に取り入れるものに
関しては、サプリメントや水素水など、いっぱい知っておられます。

ですが一生のうちでもっとも体に取り入れているはずの空気について
意外に見落とされている方もおられるようです。

日に三度の食事とは異なり、空気は呼吸によって24時間常に行われて
おり、一日に約15立方メートルの空気が体に出入りしています
体に与える影響も見過ごすことはできないと思います。

さらに、現代の建物は気密化が進んでおり、適切な換気を行わなければ
室内の空気環境はどんどん悪くなってしまいます。

室内の空気を汚染するものとしては
  暖房や調理によって発生する一酸化炭素窒素酸化物炭化水素類
  たばこの煙に含まれる発がん物質のベンゾビレンアクロレイン
  建物や家具の塗料や接着剤に含まれるトルエンホルムアルデヒド、 
  建材に使われたアスベスト
  タンスの防虫剤や床下のシロアリ駆除剤から発生するガス、
  結露などによって生じるカビから発生するMVOC
   (MVOC=微生物由来揮発性有機化合物)

  ハウスダスト、空気中を漂うホコリ、微粒子のほか
  人間が呼吸によって放出する二酸化炭素も含まれます。
  *現在トルエン、ホルムアルデヒド、アスベストは規制により
住宅用には使われておりません

室内環境を良くするためには換気は欠かせなくなりました。
換気によって室内の空気の移動を起こさせ、湿気が溜まったり
空気中のホコリや微生物の増加を防ぐことができます。

現在では法律で住宅の24時間換気が義務付けられています。
換気の方法としては現在機械換気が主流です。計画的な換気が
行える為、過剰な換気による室内温度の急激な変化を抑えられる
為です。機械換気には第一種~第三種までの3つの方法があります。

  *吸気は空気を外から取り込むこと、排気は室外に捨てること
 第一種換気・・・ 吸気と排気の両方を機械式ファンで行うが、その際
         排気する空気から熱を取り出し、入ってくる空気に乗せ
         ることで室温に近い温度で入れることができる(これを
         熱交換式という)

 第二種換気・・・ 吸気を機械で行い、排気は入ってくる空気に押し
         出させる。ジュースの紙パックにストローから息を吹き
         込んで膨れたイメージ。外気の影響を受けやすいため
         住宅ではほぼ使われない。
 
 第三種換気・・・  第二種とまったく逆で、排気を機械で行い、吸気は
         自然に吸い込ませる方式。第一種より安価な方法のため
         採用する業者が多かった。こちらも外気の影響を受けや
         すいのと、室内が外より空気の少ない状態、「負圧」に
         なることで、玄関ドアなどが開けにくくなることもある。

上記の比較からみてもこれからの住宅に用いる換気は第一種換気以外
ありえません。 

第一種換気の装置も様々なメーカーからでています。
当社のイシン仕様では「マーベックス」というメーカーの商品を採用して
います。ほとんどのメーカーが装置を小屋裏に設置するのに比べ、
このメーカーは床下に装置を組み込むことで、点検、清掃の容易さを
実現しています。
吸気グリルが床にあることで、天井付けよりもホコリを吸引しやすく、
外気取り入れ部分には大きなフィルターを設けてPM2.5レベルの
微粒子すらカット
してくれます。結果、室内にはきれいな空気のみ
取り込めるわけです。

省エネ住宅としても軽視できないポイントですので、新築住宅をお考えの
際にはどういう換気を採用しているか、気を付けてみてはいかがでしょう。     

スポンサーサイト
我が社の家づくり | 09:00:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
02.基礎について
木造住宅において、木造の躯体を支える床より下のコンクリートの部分を
基礎といいます。
建物の重量を支えるわけですから、基礎は丈夫である必要があります。
昔は石済みやブロック、無筋コンクリート製など、いろいろな方法が
ありましたが、現在では鉄筋コンクリート製が原則として用いられています。

鉄筋コンクリート構造は、圧縮力(押さえつける力)に強いコンクリートと
引張り力(別々の方向に引っ張られる力)に強い鉄筋が合わさって
お互いの短所を補い合う非常に丈夫な構造です。また、コンクリによって
鉄筋が覆われているため、さびも防ぐことができるため、堅牢かつ長持ち
する基礎になります。

地震大国ともいわれる日本において、長持ちする住宅のためには
まず丈夫な基礎であることが何より重要です。

基礎の形も時代とともに進化して来ました。
以前は、「布基礎」と呼ばれるものが主流でした。
断面が「T」の文字をさかさまにした形で壁の真下にあたる部分に立ち上がって
建物を支えます。基礎がない部分は地面の月がむき出しになっています。

現在は「べた基礎」といい家の真下の地面を鉄筋コンクリートの盤でふさぎ
布部分と一体化させたものが主流です。
ans-392758608.jpg
べた基礎にすることでのメリットは
・耐震性や強度に優れる
・床下からの湿気を防ぐ
・シロアリ等の対策になる

少し細かく説明しますと
耐震性に関しては厚さ15センチの鉄筋コンクリートを地盤面に打ちます。
立ち上がり部分と一体化していることで建物の重量を面で拡散できるうえ、
地震や地盤の沈下による傾きが起きても一部だけが沈んだりしません。
布基礎に土間コンクリートを流しただけのものとは根本的に異なります。

湿気については、べた基礎の下にはあらかじめ防湿ビニルシートが敷かれて
います。これにより床下空間はからっとしており、カビや熱気が上がってくる
ことがないので建物を健康に保つことに一役買っています。

シロアリについてはコンクリートを貫通してまで上がっては来ないので
知らない間にシロアリの被害を受けている、ということがなくなります。

その分布基礎よりコストがかかりますが、長い目で見れば安全面でも生活面でも
断然お得になります。

当社はべた基礎が一般化するずっと前、やく20年もからべた基礎の有用性に
目をつけて標準工法として採用しています。



我が社の家づくり | 03:36:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
01・地盤調査について
当社は建物を新築する際、必ず事前に地盤調査を行っています。

地盤調査とは、これから家を建てる場所がその建物の重さに耐えられるかどうかを調査する
ことです。家・建物自体はそれ自体、相当な重さがありますね。

軟弱な地盤だと、不同沈下といって、たとえば、右側だけが沈んでいくということが起こりえるの
です。右側だけが沈んでいくと、必然的に建物自体が傾いていき、住むことができなくなることも
あります。

そこで、建てる前に地盤がどの程度の重さに耐えられるのかを調査するのです。

調査後、問題なければ、そのままで大丈夫ですが、
強度が弱い場合(軟弱地盤の場合)は地盤改良等の対策が必要です。

調査方法にはいくつか方法があります。
スウェーデン式サウンディング試験もそのうちの一つです。
サウンディング試験とは、
地層に試験用錐(コーン)を貫入させ、その貫入抵抗値を求める地盤調査法をいいます。
これにより、土の硬軟又は締まり具合を判定することができます。

当社ではより正確な調査ができる「表面波探査試験」を採用しています。
振動の伝達速度から土の硬軟を調べる方法で、深さ約10メートルほどの地盤まで
調べることができ、強度から地盤沈下の可能性まで把握できるものです。
  ・地盤調査の状況
KIMG2941.jpg
  写真右側に地面に刺した検出器があります。
  左側のものはおもりを地面に落とす起振機、バッテリー、計測用パソコンを
  まとめたものです。かなりの重量があるので、動力で移動させます。

2000年度国土交通省告示第1347号で、
建物の基礎の選定には沈下量を考慮することが定められました。
つまり、住宅建築の際の地盤調査は、地盤支持力だけでなく沈下量を含む
地盤調査を行うことが、法律上要求されているのです。

地盤支持力しかわからないスウェーデン式サウンディング試験よりも
表面波探査試験のほうがより確実な方法といえますね。




我が社の家づくり | 10:15:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブログのカテゴリーに「我が社の家づくり」を追加しました
こんにちは。
ブログのカテゴリーに
「我が社の家づくり」という項目を追加しました。

当社の行っている後方その他をお知らせしていく項目になります。
随時項目を追加していく予定です。

お客様の家づくりの参考になればと思います。

よろしくお願いいたします。

お知らせ | 09:13:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゴールデンウィーク休業について
拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご支援ご尽力を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社のゴールデンウィークはカレンダー通りの休業の予定です。

なお、お急ぎのお客様にはお電話にて対応させて頂きます。(電話0765-74-0304まで)

この期間にいただきました相談申込みメールへの対応は、5月8日以降となります。
予めご了承ください。
皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

お知らせ | 14:55:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。