■プロフィール

大信建設興業

Author:大信建設興業
ようこそおいでくださいました。
ここでは私木本が当社のことや
建築にまつわるさまざまな話を
していきたいと考えております。
よろしくお願いします。

■最近の記事
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
現在建築中。
こんにちは、木本です。

ここ数日、かなり暑い日が続きます。
熱中症には注意しましょうね。

TVでも取り上げられることがありますが、熱中症の大半は
実は屋内で発生しているそうです。

夜中も室内が暑くなるのは、昼間に家の躯体がため込んだ
熱が放出されるからだそうです。
エアコンは室内のお空気を冷やすだけで、建物そのものを
冷やすことはできないので、夜もつけておくほうがよいそうです。

最近の住宅は断熱がしっかりしてきたおかげで、昼でも風があるときは
窓を開けて空気を入れ替えるだけでも暑さをかなりしのげます。
前回はサッシのことを話しましたが、今回は断熱材と外壁について、軽く
話させていただきます。

KIMG2295.jpg

当社では断熱材は発泡ウレタンの吹付を主に使用しています。
吹き付けると1000倍近く膨らむので、隙間にも入り込み、気密性の確保に
一役買います。(気密の取れていない住宅は空気の出入りが自由すぎて、
冷暖房の効率を著しく落としてしまいます)

この断熱材を、屋根の裏側と建物の外周部の壁内に吹き付けて、家を
断熱材ですっぽり覆うようにしてあるのです。

KIMG2294.jpg

壁から基礎に至るところも断熱し、熱を閉じ込めやすいコンクリートが室内に
放熱するのを防いでくれます。
断熱材は水で反応して発泡するものですので、環境にも優しいです。

KIMG2296.jpg

外壁はセメントと木質成分を高熱処理して生成する、セラミックに近いもので
一般的にサイディングといわれるものです。これを金具で建物から浮かせるように取り付け、
空いたスペースが通気層となることで、外からの熱や冷気が直接屋内に伝わる(熱伝導)を
抑えることができます。

これらの効果で室内への影響を極限まで少なくし、エアコンの効率を高めることで、光熱費の
節約に結びつくのです。

写真は現在椚山で建築中の物件で、9月上旬に完成見学会を開催します。
建築中の現場が見たいのでしたら、会社までご連絡いただければご案内できます。

熱中症対策としては水分もたっぷりとることです。
気を付けて乗り切りましょう。




スポンサーサイト
日記 | 12:03:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。