FC2ブログ
来る11/17.18に入善町上野で完成見学会を開催いたします。

画像をクリックすると拡大表示されます↓
201811_B4チラシ表面 (1)

驚きと発見に満ち溢れた見学会です。
新築やリフォーム、どちらにも参考になるポイントが盛りだくさんです。
ぜひご来場ください。

なお、日曜18日はマラソン大会の開催により山側からの道が一部通れない場合があります。
8号線側からお越しください。
2018.11.16 Fri l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
新築完成見学会のお知らせです

日時:2018年11月17㈯~18㈰
見学時間:AM10:00~PM5:00
場所:入善町上野地内(下記地図を参照)



高齢者との同居を配慮した間取りとシンプルかつ機能的な生活動線により効率的に家事をこなし、忙しい中にもゆとりとくつろぎを創る家になりました。ぜひご覧になってください。

年中快適な室内
発泡断熱材・断熱サッシ・遮熱シートで気密と断熱を確保、第一種換気で常にクリーンな室内!
住まう人を護る
強度を表す壁倍率は従来の木造住宅の約2.9倍!強固なベタ基礎と共に災害から人を守ります。
うれしい平屋建て
安全性と動き易さを重視し平屋建てなりました。おしゃれで使い勝手の良いキッチンも見どころです

ご来場者様にプレゼントがあります!ぜひお越しください!
201811_print_01.jpg 201811_print_02_2018111511552738d.jpg



のぼりと案内板を参考にご来場ください。


※18日は扇状地マラソンの為、一部通れない道があります。国道8号線からお越しください。

2018.11.15 Thu l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
電気事業連合会のHPで興味深い記事がありました。

細野真弘の世界一わかりやすいエネルギーの授業

私たちをとりまくエネルギー事情について
順を追って理解を深めていくことができます。
一度見ておいて損はありませんよ?
2018.02.21 Wed l 注目の品 l COM(0) TB(0) l top ▲
住宅完成見学会開催
2018年1月13日(土)~14日(日)
入善町入膳地内

家族がくつろぎ「和(なごみ)」を作り、暮らしを「楽しめる」
さらに健康と安全・省エネに努めた「安心」して暮らせる家が出来ました.

高性能断熱材、断熱サッシ完備で快適な案内
・オール電化、深夜電力活用により光熱費を削減
・ゆとりとくつろぎを求めた間取り
・部屋が広く使えるたっぷりの収納
・ビルトインガレージで車を守る

ZEH(ゼロエネルギーハウス)とは何か?
ZEHで何ができるのか?
ZEHは本当に得なのか?
ゼロエネルギーハウスで生活はどう変わるのか?
補助金はあるのか?メリット、デメリット?
建てるタイミング等々

<入善町青島 常設展示場で開催>
ZEHに関する基本知識から、得をする家の建て方まで
様々なQ&Aを家を見ながらラリー形式で学びましょう♪
キーワードを集めラリー完遂でプレゼント贈呈!

宅地分譲中 パークタウン・青島
大好評!残り4区画お早めに!

入善町青島展示場 常時見学可能!

20180113_omote 20180113_tirashi

見学会場:下新川郡入善町入膳4799-1
※案内板、のぼりをご参考ください


2018.01.10 Wed l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
ヒートショックという言葉をご存知でしょうか?

ヒートショックとは温度差による肉体的ショック症状のことです。

冬場は体の弱い高齢者での発生率が格段に高くなります。

寒い脱衣室から熱いお風呂に一気に入ったりしたりなど、急激な
温度変化によって血圧の急上昇や下降により、心臓や全身の血管に
異変が起きてしまいます。それによる心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中・
不整脈が起きるリスクは非常に高く、仮に軽い失神だけだったと
しても浴室内で転倒し、頭を打つ危険も十分あります。

医学的にはおよそ10℃以上の差があるといけないそうです。

ヒートショックが起きるメカニズムは、寒い脱衣所で裸になると
血管が縮み、血圧が急激に上昇します。その状態で熱いお湯に
つかるとさらに血圧は上昇します。が、体が温まることで縮んだ
血管が広がりだし、今度は急に血圧が下がってしまうわけです。
これが心臓に大きな負担をかけ、ヒートショックを呼び起こすのです。

ヒートショックが原因で亡くなる人は1年の間に1万人を超えるそう
です。これは交通事故での死亡者数を上回ります。
とりわけ富山県は全国でも亡くなる方が多いそうです。

なぜ、より寒い地方よりも多くなってしまうのでしょう?

より寒い地方は部屋ごとの温度の偏りが小さい住まいに暮らしている
からです。家全体の断熱がしっかり効いた高断熱の住宅では、室内の
温度の偏りが少なくできます。また、高気密化に伴う機械換気によって
室内の空気も流動するため、室温が平均化されます。

では既存の寒い住宅についてはどうすればいいのでしょう?
方法はいくつかあります。
1、)断熱リフォームを行う。
    家全体が理想的ですが、家族の行動範囲を絞って、そこを
    重点的に断熱化する方法もあります。

2、)脱衣室に暖房装置を置く。
    脱衣室はもともとそれほど広くスペースをとる場所では
    ないと思います。限られたスペースの有効活用できるのが
    壁掛け式の暖房機です。
    コロナというメーカーの「ウォールヒ-ト」という製品が特に
    お勧めです。

ヒートショックは高齢者に限らず、誰でも起こりうる症状です。
家族全員がヒートショックに注意して、みんなが無事お風呂に
入れているのかどうか気に掛けることも非常に有効な対策です。


おまけとして今すぐできるヒートショック防止策をいくつか列挙します。

・湯船のふたを入浴5分くらい前に開けておく
  湯気が上がって浴室全体を暖めてくれます

・シャワーでお湯を張る
  上と同じ理由です。こちらのほうがより効果的。

・湯温度は41℃以下
  10℃以上のの温度差がつかないよう。

・夕食前に入浴する
  食事をすると血圧が下がりやすくなるので。

・高齢者には一番風呂をすすめない
  一番風呂は浴室自体まだ暖まっていないので





2017.12.01 Fri l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲